滋賀新生児医療相互援助グループ規約

第1章  名称

 第1条  本会は滋賀新生児医療相互援助グループ(Neonatal Mutual Co-operative Group of Shiga(NMCG))と称する。

第2章  目的及び事業

 第2条 本会は中等度ないし高度の新生児診療を必要とする新生児を小児科、産科およびその 他の出生施設からの要請に応じて、新生児施設に全数受け入れるための情報サービス ・相互協力を行う。  第3条  本会は新生児診療施設相互の交流を深め、その診療内容の向上をはかる。  第4条  本会は周産期医療の地域診療態勢の整備のため具体的活動を推進する。  第5条  本会は上記第2条〜第4条の目的遂行に必要な調査・研究・宣伝活動を行う。

第3章  組織および運営

 第6条  本会は滋賀県下の新生児診療施設(科)のうち、第2条〜第5条の目的を共有し、かつ 運営委員会が適当と認めた施設で組織する。  第7条  本会には次の役員をおく。 本会の各種委員は運営委員会の承認を経て代表が委任する。 代表は運営委員の互選による。 1.代表          1名 2.運営委員 各施設代表 各1名 3.実行委員       若干名 (1)事務局・会計委員(グループ活動上の事務・会計) (2)例会委員    (例会の計画・研修会の推進) (3)評価・統計委員 (グループ活動の統計作成・活動評価) (4)情報センター委員(2次入院に関する情報サービス業務) (5)その他     (特別委員等) 尚、特別委員については運営委員会からの委託により、指定された事業の実施 を主管する。また、事業の終了をもって特別委員の職を解く。  第8条  本会は運営委員会が必要と認めたとき、顧問をおくことができる。  第9条  1)本会は運営委員会を組織し、会の目的を達成するために必要な諸事業を分担し、会の 運営を図る。 2)運営委員会は第7条1.2.3.の役員によって組織する。  第10条 1)本会は定例運営委員会(年1回)と、必要に応じて開催される臨時運営委員会によっ て運営される。 2)例会の開催は別に細則に定める。  第11条 運営委員会は役員の2分の1以上(委任状を含む)の出席を必要とする。  第12条 本会の運営に必要な事項は、運営委員会において出席者の2分の1以上の賛同により議 決される。  第13条 本会の運営に必要な細則は適宜運営委員会で定める。  第14条 運営委員会のもとに、幹事会及び小委員会を置く。構成委員と実務内容は細則による。

第4章  会計

 第15条 本会の経費は助成金、協賛金、寄付金によって支弁される。  第16条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第5章  その他

 第17条 当規約は平成7年6月27日より施行する。