第5回 滋賀新生児医療相互援助グループ運営委員会 議事録

               1997年6月19日(木) ホテルニューオウミ(近江八幡市)

               午後5時〜

 

1.出席者


NMCG会員:(順不同)

安倍義明  湖北総合病院
田中和彦  長浜赤十字病院
奥野昌彦  長浜赤十字病院
渡邊格子  長浜赤十字病院
多賀俊明  市立長浜病院
安藤徹   彦根市立病院
岡川浩人  彦根中央病院
西澤嘉四郎 近江八幡市民病院
佐藤明美  近江八幡市民病院
加藤博文  近江八幡市民病院
伊藤正利  滋賀県立小児保健医療センター
石田宏之  済生会滋賀県病院
廣田常夫  公立甲賀病院
白波瀬亙  草津総合病院
島田司巳  滋賀医科大学
青谷裕文  滋賀医科大学
池田優   滋賀医科大学
清水芳隆  大津市民病院
西岡研哉  大津赤十字病院
谷村剛   大津赤十字病院
有田泉   公立高島総合病院

オブザーバ(あいうえお順):

木下康    木下産婦人科医院
金共子    近江八幡市民病院産婦人科
久保淑子   久保医院
野々垣真佐史 市立長浜病院産婦人科
花田芳郎   済生会滋賀県病院産婦人科
宮本紀男   大津赤十字病院産婦人科

 

2.合意及び決議ならびに報告事項

A.小児保健医療センターと草津総合病院のNMCG参加確認

両施設のNMCG参加を確認した。

両施設の代表の挨拶があった。

小児保健医療センターに関しては、リハビリテーションなどの連携について協力する旨の発言があった。

B.滋賀医大・青谷よりNMCGの今までの活動に関する説明と報告事項があった。

報告事項:
a.3月の京滋新生児合同カンファレンスにおいて滋賀県の空床情報システムに関して説明した。
b.「ネオナータルケア」8月号に、インターネットを利用した滋賀県およびNMCGの空床情報システムについての依頼原稿が掲載される。

C.大津日赤・谷村より新生児共通紹介用紙の説明と集計結果について報告があった。

 

3.特別講演 午後6:30〜7:30

 藤原 哲郎 先生 (岩手医科大学名誉教授)

   座長 島田司巳 先生(滋賀医科大学)

 

4.その後懇親会が行われた。

 席上特に全体討議事項はなかった。

 

文責:   青谷(滋賀医科大学)

谷村(大津日赤)