第5回滋賀新生児合同カンファレンスおよび
第10回滋賀新生児医療相互援助グループ(NMCG)会合議事録

2000年6月24日午後2時〜4時30分
大津赤十字病院小講堂(2F)
当番幹事 公立高島総合病院 小児科
 
司会 有田 泉 先生
 
 (A) 症例検討

  1.当院産科一般新生児室での異常症状発見の現状と対策
      公立高島総合病院 小児科
        有田泉、吉岡孝和、林尚枝

  2.母児間輸血症候群を伴った重症仮死の2例
      近江八幡市民病院 小児科
        西澤嘉四郎、西川僚一、上田達哉、馬場典子、松井克之

  3.仮死MASと併発し,診断治療に難渋した腹部腫瘤の1例
       市立長浜病院 小児科
        若園明裕、山本裕、服部里美、浅野勉、内田靖、多賀俊明

  4.重症の遷延性肺高血圧を伴った横隔膜ヘルニアの治療経験
      長浜赤十字病院 小児科
       吉岡彰子、黄瀬一慶、奥野昌彦、橘地澄子、田中和彦
      同 外科
        下松谷匠、佐々木久、王裕東、加茂直子、丸橋和弘

 (B) NMCG会合

  1.共通退院サマリー(仮称)と新生児患者台帳の現状アンケートなどについて
滋賀医科大学小児科 青谷よりアンケート結果の説明およびディスカッション。
a.データ収集方法は3本立てで検討。
b.情報提供に関する同意書と説明文書を提案。
c.退院時の地域保健所への連絡票の集計の利用を検討。
(死亡症例が把握できない。)
継続して検討。次回、より具体的な提案を青谷より行う。
2.次回会合について
 次回は11月の土曜日に行う。
 当番は、済生会滋賀県病院か大津市民病院かあるいは滋賀医科大学にお願いする。
 会場は大津日赤小講堂あるいは滋賀医科大学で検討。
 
出席者(順不同)
橋本和廣  大津赤十字病院小児科
青谷裕文  滋賀医科大学小児科
西岡研哉  大津赤十字病院小児科
奥野昌彦  長浜赤十字病院小児科
西澤嘉四郎 近江八幡市民病院小児科
安倍義明  湖北総合病院小児科
若園明裕  市立長浜病院小児科
多賀俊明  市立長浜病院小児科
有田 泉  公立高島総合病院
伊藤史絵  滋賀医科大学小児科
酒井ちひろ 滋賀医科大学小児科
成宮正朗  彦根中央病院小児科
田中和彦  長浜赤十字病院小児科
 
                      文責:青谷